カラダの躾とおしとやかな動作はセット

HPの自己紹介にも載せていますが、

私の学生時代はケガばかり。。。

 

小6の最後の大会、

ミニバスケット大会1か月前の骨折からはじまり、

大学の4年間は膝のケガでずっと悩んできました。

幼少期の私は、

何度も「すばらしね!!」と母親に言わせるような子どもでした。

「あなたはすばらしい!!」・・・と褒められたわけではなく、

秋田の人はお分かりの通り(?)

「うるさいっ!!」と怒られてばかりいたわけです(笑)

秋田弁に興味のある方は、以下ご参照くださいΣ(・ω・ノ)ノ!

 

 

時にはテーブルの脚に足の小指をぶつけてみたり、

時にはハエトリガミに引っかかってみたり( ゚Д゚)

とにかく、男勝りで落ち着きのない女子でした(笑)(笑)

施術家になった今、

あの頃の自分のカラダをチェックしてみたいです。

笑ってしまうくらいバランスの悪いカラダだったのか、

はたまた予想に反して意外と良いバランスだったのか。

ケガばかりしていた事を考慮に入れると、

予想に反することはなさそうですが(;´Д`)

 

〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇〇

ここからが本題。

 

当院で考えるカラダの躾とは…

カラダの中心軸を鉛直方向に合わせること。

(ウチではカラダの調律と道具を使った運動療法で合わせます)

 

そして、おしとやかな動作とは…

躾の行き届いたカラダで行う着物が着崩れない動作。

(*けして鈍い動作ではありません。)

 

カラダを躾し、おしとやかな動作をすることは、

骨・筋肉・血管・リンパ・神経など、

 

カラダに備わっている本来の機能が

しっかり働くことにつながると考えています。

この状態であれば、

どんな状況下でも健やかに暮らせますよね(^^♪

当院のカラダの躾は、

ケガを繰り返すお子さまやカラダの不調が続く人におススメです(^^)/

カラダを躾して、免疫力UPしましょう!(^^)!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択

PAGE TOP
言語を選択