手づくりバター2種の味くらべ

今回は「発酵バター」を作ってみました(^^♪

普通のバターと発酵バターの違いは

こちらからご覧ください。

 

作り方は難しくないんです。

材料はこちら↓↓↓

 

生クリームにヨーグルト大さじ1。

よく混ぜて、ヨーグルトメーカーで約40度保温で6時間。

ウチのヨーグルトメーカーは二種類のボタンしかありませんが、

プレーンのボタンでOKでした!

生クリームのパックのまま、

冷蔵庫で3日ほど寝かします。

ブレンダーで攪拌すること約10分。

「ほんとうにバターになるの??」と不安になった頃に、

ようやく分離して塊が現れます。

 

諦めず攪拌しましょう(*^^*)

こんな感じに出来ました!!

 

 

次なるチャレンジは、「カルピスバター」

早速カルピス大さじ1を加えようと思いましたが、

市販のカルピスは殺菌されている…

どうしようかなぁと考えて思いついたのが、

「ヤクルトバター」

生きて腸内に到達する乳酸菌シロタ株さまの力をお借りして、

新たな発酵バターを作ってみることにしました(^^)/

 

材料はこちら。

前回同様に、ヤクルト大さじ1を生クリームにIN(*^-^*)

工程は全く同じです。

無事に「ヤクルトバター」が完成( *´艸`)

実験成功。

やった~\(^o^)/

シロタ株さま、いい仕事してます♪♪♪

 

2種類のバターを食べ比べしてみました(*^▽^*)

両方とも発酵バター特有の風味やコクが感じられます。

「ヤクルトバター」は、ほんのり甘みのあるバターでしたよ!!

私の個人的な意見として「ヤクルトバター」に1票ですΣ(・ω・ノ)ノ!

みなさんのお好みはどっちかな?

 

また新たなバターが、私を呼んでいます(笑)(笑)

成功したら、またブログに書いてみますね(^_-)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択

PAGE TOP
言語を選択