出来ることをやって未来を変えるという選択肢

先日の新聞に、ガン予防の記事が掲載されていました。

以下、新聞を転記します↓↓↓

DNAのゲノム(遺伝情報)と病の発症との関わりを明らかにし、

予防に活かすための研究が進んでいる。

日本人の死因トップであるがんは、

遺伝子の変異によって引き起こされる。

がんが発症する際の遺伝子の変異には、

先天的に決まる個人のゲノム配列とともに、

後天的な生活習慣や環境が密接に関わる。

その人の意志で未来を変えられる予防医療をめざしている。

 

以上、転記おしまい。

かなり割愛しましたが( *´艸`)

 

遺伝的な要素は、個人の努力などでは変えることが困難です。

でも、出来ることがある!!

後天的な生活習慣と環境をチェンジすること。

 

私にお手伝いできることってなんだろう?

改めて考えてみると、

当院のカラダの調律やエクササイズは、

予防医療に貢献するんじゃないかな。

 

 

六右衛門接骨院では、

その人にマッチした運動習慣のご提案しています(^^♪

世の中が騒がしい時だからこそ、

変えられるところから淡々とコツコツと!

食事も運動も(#^^#)

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

言語を選択

PAGE TOP
言語を選択